このコーナーでは、アメリカ西海岸Orange County(OC)にて行われるライブレポートをお届けします。

ライブレポ第二回:Finch-What It Is To Burn 10th Anniversary Live@Glass House

2013年、初めてのライブとなるこの日の主役は再始動したスクリーモFinch。そして彼等の名前を全世界に知らしめたスクリーモの金字塔アルバムWhat It Is To Burnの10周年を記念しバンドはフルアルバムを演奏するスペシャルなライブ。ライブ日程が発表された数日後のチケットは直ぐに完売。バンドは追加公演として翌日を入れ連夜のライブを発表、しかしその追加もあっという間に完売。バンドは翌週末の2日間も追加するという凄い人気振り。改めてどれ程多くの人が彼等の帰りを待ち焦がれていたか、またWhat It Is To Burnというアルバムがどれだけの人に影響を与えたのか再確認。まずこれだけは言いたかった「Finchおかえりなさい!」

アーカイブス

California Metal Fest 6

 November, 2012

マウスのポインタをフォトの上に乗せればレポートを読むことが出来ます。​

ライブフォトの右カーソルをクリックしてライブレポをお楽しみ下さい。

また写真をクリックすればフルサイズの写真がごらん頂けます。

1/17

出演バンド:Finch、Weatherbox、Late Night Revival

アルバムWhat It Is To Burn

ライブレポを開始する前に紹介しておきたいのがFinchの2002年デビューアルバムWhat It Is To Burnの存在だ。当時スクリーモと呼ばれるポストハードコア系で尚且つでメロディックな唄が融合した新しいジャンルがアンダーグランドで人気を集めThursdayやGlassjawが注目された頃、当時ポップパンクが主流バンドだったDrive ThruレコードからFinchのWhat It Is To Burnが発売された。当時は彼等程のキャッチーなメロディの中にスクリームを多用するバンドは他に居なかった、そしてアルバム全体の完成度の高さやフロントマンのNateの独特なパフォーマンスは多くのファンを獲得した。当時The Usedがまだデビューアルバムを発売する前でFinchはスクリーモというジャンルにおいて最強だったろう。特にシングルWhat It Is To Burnはあらゆるメデイアでプレイされバンドの知名度を上げる要因になった。とにかく2002年のベストアルバムと言えばこのアルバムが来る程影響力の高い作品である。