このコーナーでは、アメリカ西海岸Orange County(OC)にて行われるライブレポートをお届けします。

第26回: WARPED TOUR  2018 - Ventura, CA

 

今年で24回目となるWARPED TOUR 2018。1990年前半、LAのクラブでステージマネージャーをしていたKevin Lyman氏が自身のプロダクションを立ち上げ、自身の好きなバンド達を連れて野外ライブを行い全米を回りたいとしワープドツアーが1995年にスタート。その後、ワープドツアーは規模を年々拡大、気付けば若手バンド達の登竜門的なツアーになり、常に音楽シーンに耳を傾けて来た姿勢は多くのミュージックファンに影響を与えたツアーになった。
 
そして去年、Lyman氏は2018年のワープドツアーが最後の米国を周るツアーと発表し世間を驚かせた。ワープドツアー最後の全米ツアーに参加するバンドには、ベテラン組となるReel Big Fishから、ツアー中期から盛り上げてきたSimple Plan、後期にてワープドを支えたIssues、State Champs、Black Veil Brides等が出演。全公演周るバンドもいれば数公演の限定出演というバンドもいるが本当に多くのバンドが参加するツアーになった。今年は二つのJourneysメインステージに、メタル、ラウド系バンド達が出演する二つのMutantステージ、人気沸騰中の若手バンドが出演するOwlf.fmステージ、そして公演地から来る多くのローカルバンド達が出演するFull Sailステージを設置。今回3年振りにワープド開催地となってカムバックしたカリフォルニア州Ventura市には、ラストツアーを堪能しようと例年以上のチケットの売れ行きとなりVentura公演は当日前に既に完売であった。
 
ワープドが自信を持って送る素晴らしいライナップで最高な形で迎えたVentura公演をレポートします。
 
1/8
出演:Senses Fail、Grayscale、Mayday Parade、Chelsea Grin、Issues、Wage War、Unearth、Waterparks、State Champs、Simple Plan、Every Time I Die、Palaye Royale、Twiztid、Movements、Reel Big Fish、PVMNTS、Ice Nine Kills、Motionless In White、Black Veil Brides。