アーティスト達も家に帰れば一人の男として料理を振るう事もあります。

このコーナーではそんな料理好きのアーティスト達をご紹介、そして彼等の自慢の料理のレシピを大公開!

毎月更新予定です。 あなたの今夜のディナーはロックに行こう!

第七回:Senses Fail、Buddy Nielsen
料理名:Buddy's Pork & Poblano Stew

Senses FailのフロントマンBuddy Nielsenと言えばデビュー当時からその大酒飲み、パーティに明け暮れる毎日と正にロックなイメージが強かった。しかし数年前から彼のイメージが一新。バンドの方向性も少し変わると共に彼の生活も変わっていった。デビュー当時の派手なイメージは無くなり今では多くの後輩バンドから一目置かれるポストハードコアバンドのフロントマンとなる。そんな彼の日々の楽しみは料理だという。彼によると料理を始めたのはバンドをやる前の13才の時。早くに両親が離婚したBuddyは片親との生活を余儀なくされた。親が仕事に行って外出している夜は何時も自炊していたという。テレビの料理番組を見ながらメモを取り自己流で料理を覚えた彼のスパイスの聴いたシチューをご紹介。

材料:

ポブラノチリ 4つか5つ

サラダオイル 大さじ1

豚の肩ロース (ダイスサイズに切る) 1000グラム

たまねぎ大 1つをみじん切り

ニンニク 3,4つをみじん切り

クミン(スパイス) 小さじ1

チポレチリ アドボソース漬け(酢漬けにしたりトマト、酢、唐辛子をベースとしたソース) チリ1つをみじん切り

オレガノ 中さじ1

チキンコンソメ 固形1

コーン (新鮮なトウモロコシ、冷凍物でもよい) 1カップほど

サツマイモ 1つ (皮をむいてダイスサイズに切る)

塩 小さじ1

オプション:

サワークリーム

シラントロ(適当に刻む)

ローストしたかぼちゃの種

 

作り方:

1.ポブラノチリをローストして皮を剥き、種を取って千切り。

2.大なべにサラダオイルを敷き中火で温める、底に水気を切った豚肉を加える。豚肉が茶色になったら塩をかける。 3-4分程ソテーして別皿に豚肉を移す。

3.たまねぎ、クミンを同じなべにいれて5分ほど茶色く透明になるまで炒める。

4.同じなべにニンニクを入れて1分ほど炒める。そしてチポレチリを入れまた3分程炒める。

5.別皿に移した豚肉を入れなおしこれまでの野菜と一緒に炒める。

6. 軽く炒めたらポブラノチリ、チキンコンソメ、オレガノを入れ、蓋をして中火で一時間炒め煮にする。

7. 一時間たったらサツマイモとコーンをいれまた中火で30-40分豚肉がやわらかくなるまで炒め煮する。

8. スープボールに移し、お好みでサワークリーム、シラントロ、かぼちゃの種を加える。

 

Enjoy!

Buddyはツアー中は狭いバスの中という事もあり全く料理をしないそうです。しかし、家ではほぼ毎日自炊をしているそう。バンドと共に成長したBuddyにはまたレシピを公表して欲しいものです。