バンドを裏でサポートする人達をご紹介!

このコーナーではバンドを影で支えるマネージャー、機材テクニシャン、グッズ担当、プロデューサーやバンドを売り込むレコード会社やプロモーターの人々にスポットを当てて毎月更新していきます。​

履歴書:

Bring Me The Horizon

Architects

While She Sleeps

You Me At Six

Neurosis

Nora

Mono

65 Days Of Static

第7回:Dean Rowbotham

役職:ギターテック、カスタムギターショップBedford     Guitarsオーナー

今回のCrewは今年新譜Sempiternalを発表し大活躍中のBring Me The Horizonにて長年ギターテクニシャンを務めるDean Rowbotham氏にスポットを当てていきます。Deanはギターテック以外にも地元英国SheffieldにてカスタムギターショップBedford Guitarsを展開。多くのアーティスト達の要望に応えて日々カスタムギターやカスタムアンプを製作中。Robot Handsのニックネームで親しまれているDeanにBMTHのツアー裏話を聞きました。

 

あなたはBring Me The Horizonのメンバーと古い仲と聞きましたが?

Dean: 僕とメンバーは同じ故郷で育った仲なんだ。僕の母さんはBMTHのOli(vo)と彼の弟Tomの先生だった事もあるんだよ。僕はよくOliを未成年禁止のライブハウスに入れてあげていた。

 

動きが激しくよく暴れるBMTHのギターテクニシャンは結構難しいのでは。

そうなんだよ(笑)。彼らは頻繁にオーディエンスにダイブしてもみくちゃにされて帰ってくるんだ。僕は一時間ぐらいかけてチューニングしたギターもライブ開始10分後に彼等がストリングが無くなりコードも半切れ状態のギターを持ってくる事が良くあるね。

 

今までで最大級の器材破損はどの時でしたか?

ワープドツアーでドラムセットがぶっ壊れたんだ、新しいドラムセットを買わなくてはならなくて焦ったよ。それからMatt(b)もベースをばらばらにぶっ壊したんだ、全て僕が集めて全てをくっ付けなおしたのさ。

 

BMTHはライブ後のパーティも激しいと聞きましたが本当ですか?

バンドだけでなく俺達クルーも含めた全員がワープドツアーでは毎晩飲んでいたよ。俺達は楽しく飲んでいるだけだよ。他のバンドが少し真面目過ぎるんじゃないかな。BMTHは音楽にも真面目に取り組んでいるけど、ライブが終わって器材を全て片付けたら皆で楽しく過ごしているだけなんだ。

 

今までデ一番クレイジーな体験は?

初めてのアメリカツアーの時、皆でテキサス州にあるメキシコとの国境を渡ったんだ。メキシコで俺達はストリップクラブに入ったらストリップの娘が俺達の前で脱ぎだしたんだ。その娘はもう妊娠8ヶ月ぐらいだったのかな、とにかく大きなお腹でダンスも出来ずただ腰を振っていたんだ。俺達は気持ち悪くなって全員外に飛び出したね。

 

それは凄いね、それからその夜はいくらかマシになったの?

俺達は帰りの道を歩いていたんだ。そしたらでっかいトラックに乗った武装した軍隊警察8人ぐらいが降りてきて、マシンガンを俺達に突きつけてきたんだ。俺達全員トラックに叩きつけられて背中向きで立たされたんだよ、勿論マシンガンを頭に狙われた状態でね。もう何がなんだか分からなかった、皆ここで殺されると思ったよ。そしたら、一台の乱暴な運転の車が物凄いスピードで横の道路を走っていったんだ、そしたら武装警察がトラックに乗り込みその車を追いかけていったんだよ。その場に残された俺達は急いでメキシコから出たね。

 

履歴書:

Bring Me The Horizon

Architects

While She Sleeps

You Me At Six

Neurosis

Nora

Mono

65 Days Of Static