Five Finger Death PunchのIvanとZoltanが警察官による殺人事件、抗議デモを語る。

Add Date here

Five Finger Death PunchのギタリストZoltan BathoryとフロントマンIvan Moodyが先週米ミネソタ州にて警察官が非武装状態の黒人男性George Floyd氏の首を膝で押さえつけて死亡させた事件について、また同事件によって人種差別に対する抗議運動が広がっている現状に自身の思いを告白。

 

Five Finger Death Punchは活動において退役軍人(戦地での負傷による後遺症や心的外傷後ストレス障害等問題となっている)へのサポート、そしてFirst Responderと言われる災害や事故に最初に対応する警察、救急隊、消防隊に対しての敬意とサポートを公言してきたバンドとして有名な存在。アルバムAnd Justice For Noneの曲When The Seasons ChangeのPVでは警察官をサポートした内容であり、こちらは白人警官と黒人警官の友情を描いた素敵なPVとなっています。
https://youtu.be/WSwJZdxarC8

 

警察官による事件、全世界を巻き込んだ抗議活動により当初からバンドには多くの人々から警察をどう思っているのかと意見が殺到していました。なお、Floyd氏のクビを膝で押さえつけたDerek Chauvin容疑者は当初過失致死に近い第三級殺人罪で訴追されていましたが先日同容疑者を第二級殺人罪で訴追し、Chauvin容疑者と一緒になってFloyd氏を死亡させた警察官3人J. Alexander Kueng、Thomas Lane、そしてTou Thao容疑者は第二級殺人の教唆とほう助で訴追された事が報道。

 

Zoltanは自身のInstagramにて以下に発言。
「長年のFirst Responderのサポーターとして、多くの人々からこんな事件が起きた後でもサポートしていくのか?という意見が何件も来ていたが、答えはYESだ。俺は憲法、真実、正義、人権、自由をサポートしこれらを守ってくれている人々をサポートしている。俺は一部の警察をサポートしている。皆と同じように、この最低な殺人犯と彼の殺人をほう助した同僚達は警察バッジをつける資格な無いし忠誠に違反した犯罪であり、Floyd氏を殺したのは彼等だと思っている。彼等の映像を正気では見る事は出来ないし嫌悪と憤怒しかない。彼等には正当で最も重い裁きを望んでいる。しかし、人種差別の感情を無視して別の方向へ向け暴動を起こす事は逆にこの国を分断させているだけにすぎない。犯罪と問題をフォーカスし、この問題の糸口を考える時ではないか。罪もない人々を痛めつけ、お店を強奪し、町中に火をつける行為は正義ではない。そしてFloyd氏の名誉でもなんでもない。ただ暴れたいだけのグループに加担しない事、彼等の行動はこの問題のサポートになっていない、彼等は貴方達の為に戦っていない。そして、平和的な活動を行っているのに警察が一方的に攻撃したりする動画を流し続けている汚いメディアども、お前達の手も血に濡れているぞ。」

 

https://www.instagram.com/zoltanbathory/?utm_source=ig_embed

 

IvanはInstagramにて約4分以上の動画を投稿。冒頭コロナウイルスの感染拡大について発言しコロナウイルスにより家族を亡くした全ての人々にお悔やみの言葉を掛け、コロナウイルスの最前線で働いている全ての医療従事者に敬意の言葉を述べる。そして、「俺はこの国の政府を信じたかった、しかし彼等は見事に俺達を裏切ってくれた。今やこの国はより一層分断されてしまっている。この事件は確実に防げた筈なんだ。多くの人々が政府はキチンと対応していると思っていた。しかし、俺的にはこの問題を上手くコントロール出来ていない政府を信じている人々がいるのが理解出来ないよ。」

Ivanは批判される事も分っているとし、だからこそ自身の考えを言いたいとしFloyd氏の事件について発言。「あの事件の映像を見たらあの警察官達が誰も犯罪行為を行っているとは夢にも思っていない事が解ると思う。直ちに正当な裁きが必要だ。この問題をスルーする事は出来ないし一つの街の事件として考えてはいけない。これは世界的な問題でもある。」と犯罪を犯した警察官を非難。自身が育った家庭は人種や肌の色等は関係なく人は人と教えられたと語り人種的融和の必要性を強調。「この事件に乗じて犯罪を起こしている人々よ、多くの警察がお前達の行いを困惑しているはずだ。平和的解決を望む多くの警察が居る、彼等は良い人々で暴力をふるったりはしない。」と平和的な方法で変化を求める声を上げようと呼び掛ける。Ivanはこの事件や暴動でよって影響を受けた人々達にお悔やみの言葉を掛ける。そして「現在、家族を養う為に精一杯働いている全ての人々へ、貴方達の厳しい状況は痛いほどわかる。俺も貴方達の一人だ。そして子供を持つ親として、この現状がどんなに辛いかも理解できる。未来を担う子供達への家庭内での教育と親として子供達の質問に応えなければならない時だ。俺は貴方達を尊敬しているよ。俺達は一つだ。きっとだ。」

 

https://loudwire.com/five-finger-death-punch-ivan-moody-government-failing-us-pandemic/

Please reload