Ozzfest Meets Knotfest 2017

OzzfestとKnotfest、米メタルシーンにおいて二大巨頭のフェスティバルが今年もタッグを組んで南カリフォルニアにて開催決定。

 

1996年に始まったOzzy Osbourne主催のOzzfestは毎年の開催ではないもの日本の開催を含めて今年で18回目。そして、Slipknotが主催するKnotfestは今年で5回目となる。昨年のOzzfest Meets Knotfestは二日間で7万5千人を動員。去年は何と言ってもBlack Sabbath最後のカリフォルニア公演であり、Slipknotもファンから人気の高いアルバムIowaの全曲ライブを披露と非常に話題性のあるフェスティバルであった事は過言ではない。それに加えてサポートにDisturbed、Megadeth、Slayer、Anthrax(スラッシュ四天王3バンド)、Motionless In White、Trivium等ビルボードチャートに名を毎回連ねるバンド達が集結した事も大成功の要因であった事は間違い無い。

 

 

 

 

今年のOzzfestはこれまでBlack Sabbathの活動が主体であったOzzy Osbourneがソロバンドとして6年振りにLos Angelesでライブを行う事が話題に。残念ながら今年のKnotfestではSlipknotは出演しないが、代わりにRob Zombie、Marilyn Manson、そしてSlipknotのフロントマンCorey Taylorのもう一つのバンドStone SourがKnotfestのメインステージに出演し盛り上げる事となる。他の出演バンドもRage Against The Machine、Public Enemy、Cypress Hillのメンバー達が結成したスーパーバンドProphets Of Rage、メタルやロックファンもリスペクトするベテランDeftones、北欧メロディックデスメタルの人気バンドChildren Of Bodom、ジャーマンスラッシャーKreator、ベイエリアスラッシュメタルの雄Testament、そして米デスメタルの代表格となり新譜Nightbringersも発売予定のThe Black Dahlia Murder等が二日間のフェスに出演。

CHECK POINT 1: 幅広いジャンルのメタルバンドが勢ぞろい。

 

新旧バンドは勿論、クラシック系メタル、ラップメタル、ニューメタル、メロディックデスメタル、ストーナーメタル、スラッシュメタル、スラッジメタル、クロスオーバースラッシュ、ブラックメタル、デスメタル、テクニカルデスメタル、ゴスロック、ハードロック、メタルコア、デスコア、シンセパンク、ハードコアパンク、グラインドコア、デスグラインド等のバンド達をセレクト。特に初日のOzzfestのセカンドステージKreator、Broness、High On Fire、Iron Reagan、1349は渋いチョイスだなと関心。

 

CHECK POINT 2: ベテラン、活動期間の長いフェス慣れしているバンドが多い。

 

Rage Against The Machine、Public Enemy、Cypress Hill等のメンバーからなるProphets Of Rage、Deftones、Children Of Bodom等活動歴10年、20年クラスのバンドが殆どである。若手はKnotfestのセカンドステージに登場するJohn FeldmannがプロデュースしたDED、紅一点シンガーStitched Up Heart、木琴シンセを用いるONI、そしてシンセパンクデュオPrayersが結成5年内である。逆にこれまでKnotfestに出演したBring Me The Horizon、Beartooth、Motionless In White、Emmure等Warped Tourに出そうなメタルコアやデスコア勢が今年は居ない。

 

CHECK POINT 3: 出演バンド達に様々なドラマや話題性が。

 

今年の春頃大々的に発表されたZakk WyldeがOzzy Osbourneのバンドに復帰するニュース。8年振りの共演となったOzzyとZakkのライブは見逃せない。Rage Against The Machine、Public Enemy、Cypress Hillのメンバー達が結成したProphets Of Rageはデビューアルバムを発売する前から既に多くの注目を浴び世界各国のフェスにてライブを披露しているスーパーバンド。またKnotfestにてヘッドライナーとなっているRob ZombieとMarilyn Mansonは2012年に共演したダブルヘッドライナーツアーにて喧嘩(https://youtu.be/zXFGA3Wk5zs)が勃発。両者このツアー後は顔を合わせる事はありませんでしたが、5年経ち遂に同じステージに再び立つ事になります。、この二組が前後入れ替わりに出演する事も話題になっています。今年に入ってRepulsionとExhumedのメンバー達が新バンドExpulsionを結成。今回二組が出演するのでExpulsionの曲を披露する可能性も大いにあります。

 

これまで毎年One Ok Rock、Man With A Mission、Maximum The Hormone、Her Name In Blood、SiM等の日本のバンドに機会を与え出演させていたKnotfest。残念ながら今年の米Knotfestでは日本のバンドは不在。変わってメキシコのKnotfestにてMaximum The Hormoneが出演を予定しています。

 

また、歴代のOzzfestにて5回出演しているTool、そして4回出演のSystem Of A Down等Ozzfestと付き合いのあるバンドが期待されていましたが出演ならず。そして、Slipknotメンバーと関係のあるバンドApocalyptica、Steel Panther、Motionless In White、Hollywood Undead、Avatar、Korn、Will Haven等のバンドも今年のライナップには入っていません。せめて去年出演がキャンセルされたDead Crossは入って欲しかった所。

 

それでは、気になる要チェック出演バンド達を紹介:

Iron Reagan (Ozzfest)

Ozzfestのセカンドステージに出演予定のクロスオーバースラッシュバンド。メンバーはMunicipal WasteのフロントマンTony、Phil(g)、元Darkest HourのRyan(dr)。今年2月に最新作Crossover Ministryを発表したばかり。殆どの楽曲が2分以下でありスピード感のある短いハードコアパンク要素もあるサウンドが特徴的。ライブではサークルピット、クラウドサーフをガンガン起こさせる。

Possessed (Ozzfest)

結成1983年のベテランデスメタル。その昔はMetallica、Venom、Slayer等とも対バン経験があるバンド。最後にフルレングスアルバムを発表したのは1986年、しかし近年Possessedが新譜を制作している事が発表され今年バンドはNuclear Blastと契約。なんと新譜が32年振りに来年発売される。メンバーは唯一のオリジナルメンバーでありフロントマンJeff、そしてラテン系グラインドコアAsesinoでもドラムを担当しているEmilio等がいる。Jeffは拳銃の暴発事故により負傷、下半身不随状態に陥るも車椅子に座りPossessedの活動を再開させています。車椅子に座るデスメタルヴォーカリストとして有名な存在。OzzfestのNuclear Blast Extremeステージのヘッドライナーとして
出演。ビデオは少し古いですが2007年度のWacken出演時の映像。

Eighteen Visions (Knotfest)

今年10年振りに復活を果たし、新譜XVIIIを発売した南カリフォルニア、オレンジカウンティ出身メタルコアEighiteen Visions。結成は1995年と同郷のAvenged Sevenfold、Atreyu、Bleeding Through、Throwdownの兄貴的存在のバンドである。早くからハードコアにメタルリフやブレイクダウンを取り入れた現代のメタルコアサウンドに挑戦しており、このバンドでプレイしていたメンバー達が脱退後Bleeding ThroughやThrowdownを結成。またEighteen Visonsは早くからステージ衣装やアイライナー等のファッション的な部分も取り入れており、Avenged SevenfoldやAtreyuも初期はEighteen Visionの影響なのか化粧をしていた。またEighteen Visionsのサポートとしてこれらのバンドが前座を務める事もあった。Motionless In Whiteは彼等のファンであった事からEighteen Visionsの曲Motionless And Whiteからバンド名を決定。2007年に解散後ベーシストのMick Morrisが他界するも10年を経て復活。そしてKnotfestのメインステージに出演と言う事もあり地元のファンの前でどの様なセットリストで盛り上げるのか楽しみなバンドである。

Code Orange (Knotfest)

結成当初はCode Orange Kidsという名前で活動。ハードコアをベースにメタリックなギターリフを取り入れたサウンド、ドラムJamiとギターRebaのツインヴォーカル体制となっている。メンバーがまだ高校生の時から活動しており、彼等の才能を既に見抜いていたカオティックハードコアConvergeのフロントマンJacobは高校生であるにも関わらず自身のレーベルDeathwish Incと契約させる。Deathwishにて2枚のアルバムを発表。そしてバンド名を変更後、バンドはRoadrunnerレコードと契約し今年最新作Foreverを発表。同作はファンのみならずアーティスト達の間でも話題となりSlipknot/Stone SourのCorey、Lamb Of GodのRandy等が絶賛。また、今年欧州ツアーを行ったSystem Of A DownもCode Orangeをメインサポートに抜擢するなど話題を集めているバンドである。

For Tickets and More Information: Click Below