このコーナーでは、アメリカ西海岸Orange County(OC)にて行われるライブレポートをお届けします。

第13回: Summer Slaughter 2015 - Anaheim CA

 

今年で9回目を迎える北米エクストリームメタルのカーニバルSummer Slaughter。
 
2015年度のヘッドライナーは初めてSummer Slaughterに参戦するメロディックデスメタルArch Enemy、サポートに若手テクニカルデスコアBorn Of Osiris、そしてVeil Of Maya、ベテラン勢ではグラインドコアCattle Decapitationも出演。エクストリームメタルでも種類の違うバンド達が勢ぞろいとなりました。開催直前に出演予定だったAfter The Burialが元ギタリストの死によりツアーを断念、そしてデスメタルObscuraもビザ関係で米に来られずキャンセルと非常に苦しい状況の中出演バンド達全員素晴らしいライブを見せてくれました。
 
そして今回のライブレポートはヘッドライナーであるArch EnemyのギタリストMichael Amottにインタビューを慣行。Michaelのインタビューは下のリンクから、ライブレポートと一緒に是非チェックあれ。
Summer Slaughter 2015会場はGrove Of Ana
Summer Slaughter 2015会場はGrove Of Ana

前回Summer Slaughterに行ったのはCannibal Corpseがヘッドライナーだった2012年。あれから早3年、今年のSummer Slaughterは前回と同じ会場であるGrove Of Anaheim。大リーグAngelesのスタジアムの横に隣接された古くからあるライブ会場だ。

Grove Of Anaheimの変化
Grove Of Anaheimの変化

ドアを通ると真っ先に目に飛び込むのがバーカウンター。ライブが始まるとここには長蛇の列が出来る。因みにこの会場の駐車場に関して変化があった。以前は野球スタジアム、そしてスタジアム直結電車駅、そしてこの会場と広大なパーキングエリアがそれぞれ区切られ料金もそれぞれ違った。特に裏技があり駅に止めると言うと無料パーキングの為タダで置く事が出来た。しかし、Anaheim市も考えたのか直結電車駅を数ヤード離れた別の場所に移転したのだ。これによって駅パーキングが無くなり駐車場は全て12ドルの均一料金となった。非常に残念。

マーチブース
マーチブース

マーチブースはライブ開始前から繁盛していた。

ヘッドライナーArch Enemyのマーチブース
ヘッドライナーArch Enemyのマーチブース

余りSummer Slaughterのオフィシャルを購入せず、バンドのマーチを購入するのが目立つ。Summer Slaughterは自身これで4回目。初めは2008年度のThe Black Dahlia MurderとKataklysmの年。あの時、オープニングを務めたのが現在有名になったWhitechapel、そして当時インディーアルバムのみだったBorn Of Osirisであった。BOSは今年の準ヘッドライナーである、こういう成長を見るのは非常に嬉しい。

オープニングはAshes Of Existence
オープニングはAshes Of Existence

この日のオープニングはワシントン州出身メロディックデスコアAshes Of Existence。ギタリスト二人のメロディックなギターラインとヴォーカルMikeの野獣のシャウトが特徴的。All Shall Perish等が好きならこのバンドも気に入るだろう。

Ashes Of ExistenceのMike
Ashes Of ExistenceのMike

長髪にガタイの良いヴォーカルMike。他のメンバーはどちらかというとスラッとした爽やかな感じのメンバーだがヴォーカルはワイルド系。女性にもそう困らないだろうという感じのメンバーだが、ギタリストはここ数日間ずっと女性を見ていないとオーディエンスに女性陣がいる事に感激していた。一瞬Arch EnemyやBorn of Osirisには女性ファンは居るだろと思ったが、単にAOEがプレイしている早い時間には男しか集まっていないのかもと思った。頑張れ!

プログデスメタルBeyond Creation
プログデスメタルBeyond Creation

今回のSummer Slaughterには目玉バンドがありカナダ出身Beyond Creationそしてもう一つはObscuraだった。残念ながらObscuraがキャンセルとなった事で、せめてBeyond Creationは観ておかねばと早くに会場入りしていた。バンドはヴォーカル兼ギターSimonを中心に、ギタリストKevin、ベーシストHugo、ドラムPhilippeの4人編成だが、非常にクリエイティブなプログメタルを聴かせるバンド。

Beyond CreationのギタリストKevin
Beyond CreationのギタリストKevin

Beyond Creationの特徴はギタリスト達がヘッドレスギターを使用している事でヘッドの共鳴が無く一つの一体感のあるサウンドを繰り出している。一曲5-7分尺の曲が多くその中には非常にテクニカルなギターワークが入っておりヴォーカルを聴くよりも演奏を聴かせるタイプのバンド

オーディエンスも大満足だったBeyond Creation
オーディエンスも大満足だったBeyond Creation

余り知られていないBeyond CreationはSummer Slaughterのオーディエンスを満足させる最高のライブを披露。時間を余す事なくテクニカルな演奏でThe FacelessそしてGojiraが好きな人は是非チェックしてみて下さい。下リンクから彼等のPVがチェックできます

Go to link
1/4
出演バンド: Arch Enemy, Born Of Osiris, Veil Of Maya, The Acacia Strain, Cattle Decapitation, Beyond Creation, Ashes Of Existance