SURF CITY BLITZ FESTIVAL

 米南カリフォルニアにパンクビーチフェスがやってきた。

 

アメリカ、南カリフォルニアにあるHuntington BeachはサーフシティUSAという商標登録をしている程サーファーのメッカである都市である。ロック界ではThe OffspringそしてAvenged Sevenfoldが結成した所としても有名。今回サーファー達が集まるHuntington BeachにてパンクフェスティバルSurf City Blitz Festivalが開催。Huntington Beachでは毎年約50万人が訪れるというサーファーのトーナメントU.S. OPENにてビーチ上でコンサートも開催(WeezerやJimmy Eat World等出演)している過去もあり、ビーチ上での野外コンサートはこれまでもあった。しかし、今回のSurf City Blitzではその規模を何倍も引き上げ二日間のフェスティバルとして開催。サーファーのメッカであるビーチ上でのライブというだけでも素晴らしい環境だが、このフェスの一押しな要素は何といっても豪華出演者である。フェス一日目、ヘッドライナーがThe Offspring。その下にPennywise、Suicidal Tendencies、FEAR、TSOL、SNUFF、Mad Caddies、Voodoo Glow Skullsと来るからパンクを知る人達にとってはとんでもないライナップである。二日目はヘッドライナーにSocial Distortion、その下にRancid、Bad Religion、Black Rebel Motorcycle Club、The Interrupters、The Wrecks等こちらも強力な出演陣。

 

 

 

2日間のフェスの中、会場ではビーチ上のバイクレース、カスタムバイクの展示会等も行われる予定。Surf City Blitzの主催者はこの上のポスターの雰囲気や極上パンクバンド達を集める辺り昨年まで南カリフォルニアで行われていたパンクフェスIt's Not Dead Festを連想させ同じ主催者なのではと睨んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日7-8組のバンドがライブを披露。The Offspring世代の人にしてみるとPennywise、Rancidというライナップはパンク三巨頭が顔を合わせた感じになり、その彼等に影響を与えたSocial Distortion、Bad Religion、FEAR、TSOLといったベテランパンクアーティスト達の存在も非常にビッグである。クロスオーバーというジャンルを築きパンク、ハードコアー、メタルシーンでも活躍するSuicidal Tendenciesも影響力のあるバンド。そして親日パンクバンドとして多くの日本の楽曲をカーバーしてきたベテランSNUFFも忘れてはならない。またMad CaddiesとVoodoo Glow Skullsというベテランスカパンクに現在スカパンクの若手代表格とも呼べるThe Interruptersも出演。そしてノイズロックで人気のBlack Rebel Motorcycle Clubも参戦と出演アーティストの質は申し分無い。

 

気になる出演バンドを紹介:

10月27日

The Offspring
Pennywise
Suicidal Tendencies
FEAR

TSOL

Snuff

Mad Caddies

Voodoo Glow Skulls

初日から開催地であるOrange County出身のスーパースター的なThe Offspringをヘッドライナーに、その直ぐ近くLA近郊出身であり南カリフォルニアのレジェンドであるPennywise、Suicidal Tendencies、FEAR、The Offspringが影響を受けたTSOL等パンク好きなら涎が垂れそうなライナップ。特にトップ3であるThe Offspring、Pennywise、Suicidal Tendenciesはスケートパンクやポップパンクシーンに大きく貢献したバンド。そしてそれらのバンド達に影響を与えたFEARやTSOLといった大御所の出演も見逃せない。またイギリス出身でありながらFat Wreck Chords等のレーベルを渡り歩き日本の楽曲を多くカバーしている事で知られるベテランSNUFF、Fat Wreck Chordsと長く付き合い20年以上のキャリアを持つスカパンクMad Caddies、1980年代に結成しスカパンクブームを盛り上げた南カリフォルニアVoodoo Glow Skullsも出演。Voodoo Glow Skullsを長きに渡ってフロントマンを務めたFrankが去年脱退した事で新ヴォーカルのパフォーマンスにも期待がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月28日

Social Distortion
Rancid

Bad Religion

Black Rebel Motorcycle Club

The Interrupters

The Wrecks

Aaron Lee Tasjan

二日目も非常に強力なライナップとなっているSurf City Blitz。先ず何と言っても前日のヘッドライナーThe Offspringのメンバー達がバンドを結成する切っ掛けを作ったと言われるSocial Distortion(メンバー達がSDのライブを見てその勢いで結成)がヘッドライナー、ベイエリア出身で1990年代のパンクブームのリーダー的存在Rancid、そして30年以上のキャリアを持ち多くのパンクバンド達に影響を与えたBad Religion。またこのフェスはパンクばかりでなくパンクやロカビリーのフェスに何度も出演経験のあるノイズロックBlack Rebel Motorcycle Club、そして若手インディロックThe Wrecks、そしてNew York Dolls等でギターを担当した経験を持つシンガーソングライターAaron Lee Tasjanがオープニングを飾る。忘れていけないのは近年Warped Tourのメインステージに抜擢、Green Dayのツアーのサポートアクトで世界を周ったスカパンクThe Interruptersも出演する。ヘッドライナーがSocial Distortionの為パンク以外にもブルースやロカビリーシーンにも繋がれる幅広いジャンルのライブが二日目の魅力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日と二日目と非常に内容の濃いライナップとなっています。フェス2日間が全く異なるサウンドのライブが楽しめる様になっており、両日とも活動暦が長く安心してライブを観れるバンド達が集結。FEARを聞いて育ったBad Religion、そしてBad Religionを聞いて影響を受けたThe OffspringとPennywise、そしてThe OffspringとPennywise等を聴いて育ったThe InterruptersやThe Wrecksと何世代も交差した共演もポイント。個人的にはThe Offspring、Pennywise、Rancidの御三家が揃う事は先ず滅多にない事なので嬉しいポイント。そして2012年発表のDays Go Byから6年と長期に渡って新譜を作っているThe Offspringが来年に新譜が完成するそうなので、地元のフェスで新曲を披露してくれるかなと密に思っている。

 

開催3週間を切ったMusink、詳細情報は↓のSurf City Blitzサインをクリック。

FOR THE TICKET, PLEASE CLICK BELOW BANNER